落語講演・エンディングノートセミナー講師

2024年6月18日 (火)

7月20日(土)落語で楽しく「すてっぷ中央」講演会:中央区

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

東京都の中央区社会福祉協議会 成年後見支援センター「すてっぷ中央」主催の住民向け講演会でお話の機会をいただきました。

題して「創作落語で学ぶ遺言・相続と成年後見制度」

創作落語「天国からの手紙」をお聴きいただいたあと、遺言書のこと、相続の基礎知識、成年後見制度について、初めて聞くという方にもわかりやすくお話させていただきます。

当日は、司法書士による無料個別相談会もございます。(要予約)

地域の皆様、ぜひ足をお運びくださいませ!

成年後見支援センター「すてっぷ中央」講演会
「創作落語で学ぶ遺言・相続と成年後見制度」
日時:令和6年7月20日(土)13:00~15:00
会場:中央区役所 8階大会議室(東京都中央区築地1-1-1)
講師:生島清身(行政書士 ・社会人落語家)
内容:創作落語「天国からの手紙」、遺言・相続・成年後見制度について
対象:中央区内在住・在勤者
定員:120名(要予約)
主催・申込先:中央区社会福祉協議会 成年後見支援センター「すてっぷ中央」

お申込み方法は主催者HPをご参照ください。6/24(月)より受付開始です。

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行い、近年「人生会議(ACP)」関連の講演依頼も増えてきている。
(過去に朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)講演予定と実績・お問合せ先

 


2024年6月10日 (月)

7月5日(金)みなかみ町で落語を交え終活と成年後見制度

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

群馬県みなかみ町で落語を交えた講演の機会をいただきました。

創作落語「天国からの手紙」は、お母さんがあの世へ逝きそこで出会った案内人の指導で遺言書と子どもたちに向けた手紙を書くという内容ですが、

あの世へ逝く前に伝えておけば良かった、、と後悔しないためにエンディングノートがご活用いただけること、

将来認知症の症状が出て自分でお金の管理等ができなくなったときに利用できる成年後見制度について、わかりやすくお話させていただきます。

地域の皆様、ぜひぜひ足をお運びくださいませ<(_ _)>

みなかみ町成年後見サポートセンター開所記念講演
「落語で楽しく学ぶ 終活と成年後見制度」
日時:令和6年7月5日(金)14:00~15:30
会場:みなかみ町カルチャーセンター大ホール(群馬県利根郡みなかみ町上牧1735)
講師:生島清身(行政書士 ・社会人落語家)
内容:創作落語「天国からの手紙」、エンディングノート・成年後見制度について
対象:ご関心ある方どなたでも
申込先:みなかみ町社会福祉協議会
主催:みなかみ町成年後見サポートセンター
共催:みなかみ町高齢者等支援ネットワーク連絡協議会

お申込み方法は下記チラシをご参照ください。

240705

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行い、近年「人生会議(ACP)」関連の講演依頼も増えてきている。
(過去に朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)講演予定と実績・お問合せ先

 


2024年5月 7日 (火)

5月28日(火)民生委員さんの総会で落語を交え終活講演

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

群馬県民生委員児童委員協議会の総会で講演の機会をいただきました。

関係者の方が群馬県内での私の講演を聴講いただき、とても良かったのでとのことでご依頼いただきました。有難いことです。

群馬県民生委員・児童委員の代表の方々がご出席される総会ですが、そのなかの講義の時間に、創作落語「天国からの手紙」を交えて成年後見制度に触れながらお話させていただきます。

ご出席される皆様にとって有意義な時間となるよう頑張ります(^^)

群馬県民生委員児童委員協議会総会
「創作落語「天国からの手紙」と成年後見制度」
日時:令和6年5月28日(火)14:30~15:15(総会は13:30~)
会場:群馬県社会福祉総合センター8階大ホール(前橋市新前橋町13-12)
講師:生島清身(行政書士 ・社会人落語家)
内容:創作落語「天国からの手紙」、成年後見制度について
対象:群馬県民生委員児童委員の皆様
問合せ:群馬県民生委員児童委員協議会事務局

●創作落語「天国からの手紙」あらすじ(作/生島清身)
息子二人、娘一人が見守る中、病室にて母があの世へ。
母は天国へ行き、天国への案内人と出会い、遺産が不動産中心で相続人が複数いると必ず相続争いがあることを聞く。そして、ペットの世話をお願いしている向かいのヨシ子さんに財産を遺したいときは遺言書が必要なことを教えてもらう。天国への案内人の指導のもと自筆証書遺言を作成し、更に息子・娘への手紙もしたためる。手紙には看取りについての考えを伝えてなかった後悔の念も書き記す。遺言書と手紙を地上に届けてすぐに天国の入口に戻り、息子・娘の様子をあの世から見守る母。最初は言い争いをしていた息子・娘も、母からの手紙を読んで改心。思い残すことはもうないと三途の川を渡ろうとする母。そのとき大事なことを思い出す…。

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行い、近年「人生会議(ACP)」関連の講演依頼も増えてきている。
(過去に朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)講演予定と実績・お問合せ先

 


2024年4月25日 (木)

5月24日(金)藤枝市介護者交流会で人生会議を落語で学ぶ

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

静岡県藤枝市で定期的に開催されている介護者交流会「しゃべり場」でお話の機会をいただきました。

介護者交流会は、介護者が相互の交流や介護に関する相談等を通じて介護者の身体的・精神的負担を軽減し、要介護者及び介護者がよりよい在宅生活の継続を図ることを目的に開催されています。

創作落語「天国からの手紙」は、家族やご自身の生き方について改めてお考えいただけるようなストーリーとなっています。

ときどき笑いながら、人生において大切なことを楽しく学んでいただけるようお話できればと思います。

令和6年度 介護者交流会「しゃべり場」
「落語で笑って学ぼう!「人生会議」してみませんか?」
日時:令和6年5月24日(金)13:30~15:30(講演は13:35~14:35)
会場:生涯学習センター ホール(静岡県藤枝市茶町1-5-5)
講師:生島清身(行政書士 ・社会人落語家)
講演:創作落語「天国からの手紙」、人生会議について
対象:藤枝市在住で要支援・要介護認定を受けた方を介護している家族
主催:静岡県藤枝市(地域包括ケア推進課)

お申込み方法は下記チラシをご参照ください。

240524

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行い、近年「人生会議(ACP)」関連の講演依頼も増えてきている。
(過去に朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)講演予定と実績・お問合せ先

 

 


2024年4月16日 (火)

演芸場で落語と人生会議・エンディングノートの終活講座

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

令和6年3月9日(土) な・な・なんと! 大須演芸場で、、

創作落語を交えて人生を悔いなく生きるためのエンディングノート活用法や人生会議についてお話しさせていただきました!

「落語で笑って学ぼう 人生笑顔で笑ンディングノート」

と題して、お母さんが病室で子どもたちに看取られてあの世へ旅立つシーンから始まる創作落語「天国からの手紙」をお聴きいただき、

その後、私なりの人生会議の考え方やエンディングノートの在り方についてお話いたしました。

実は看護師さん対象の研修会だったのですが、

そのような場で、医療の専門家でもなんでもない私が「人生会議」の話を偉そうに、、なんですけれど、

落語のおかげもあると思いますが、場の空気がとてもよく、共感いただけた部分が多かったように思います。

普段の市民向け講演会や講座ではあまり触れることのない、最近私がエンディングノートについて感じていることも本音でお話しました。

さまざまな事業者がお客様向けに、行政関係・地域の医師会などが住民向けにエンディングノートの書式を作成し配布しているケースがどんどん増えていくなかで、

これって、周囲の「こういうことを書いておいてもらわないと私たち困るよね」という視点で作られていないか、、と感じるのです、と。

もちろん高齢者の皆様も「周囲が困らないように」というお気持ちがあって当然で、それは自然なことでもありますが、

周囲が困らないように、迷惑かけないように、という考えが先に立ちすぎる終活はどうなんだろうか?と。

せっかく授かった命を大切に、最期まで悔いなくその人らしい人生を送るために、終活はそこを出発点にして考えてほしいなと思うわけです。

受講いただいたのは看護師の皆様ですが、「自分自身のエンディングについて考える機会になった」「患者さんに寄り添う支援ができたらと改めて思いました」とご感想いただき、有難く思いました。

大須演芸場は名古屋の大須観音駅にほど近い場所にあり、東名阪の落語家・演芸人による定席寄席も毎月行われる歴史ある演芸場です。

演芸場でお話をさせていただくのは横浜にぎわい座に続いて2度目となりますが、なんかいいんですよね、場が。いや、最高です!

プロの落語家でもない私が演芸場でお話させていただけるなんて、本当に幸せ者です。主催者様の粋な計らいに感謝申し上げます。このような機会をいただきありがとうございました。

Img_5098
Img_5089
Img_5261

240309_20240416182601

こぼれ話:
大須演芸場の入口や壁などいたるところに芸人さんのサインがあるのですが、舞台の横のお客様には見えないところに明石家さんまさんのサインを見つけました。演芸場の関係者の方に、どうしてここにさんまさんのサインがあるのかも教えていただきました。人に歴史ありです。めげずに続けていれば良いことありますね、きっと。

Img_5095

●創作落語「天国からの手紙」あらすじ(作/生島清身)
息子二人、娘一人が見守る中、病室にて母があの世へ。
母は天国へ行き、天国への案内人と出会い、遺産が不動産中心で相続人が複数いると必ず相続争いがあることを聞く。そして、ペットの世話をお願いしている向かいのヨシ子さんに財産を遺したいときは遺言書が必要なことを教えてもらう。天国への案内人の指導のもと自筆証書遺言を作成し、更に息子・娘への手紙もしたためる。手紙には看取りについての考えを伝えてなかった後悔の念も書き記す。遺言書と手紙を地上に届けてすぐに天国の入口に戻り、息子・娘の様子をあの世から見守る母。最初は言い争いをしていた息子・娘も、母からの手紙を読んで改心。思い残すことはもうないと三途の川を渡ろうとする母。そのとき大事なことを思い出す…。

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行い、近年「人生会議(ACP)」関連の講演依頼も増えてきている。
(過去に朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)講演予定と実績・お問合せ先

 


2024年4月 3日 (水)

2/11文化放送「志の輔ラジオ 落語DEデート」に出演しました

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

な、な、なんと、文化放送「志の輔ラジオ 落語DEデート」に出演しました!

志の輔ラジオ:2月11日のデートのお相手は
(↑文化放送のページです)

2月11日(日)放送でしたので今更記事に?って感じですが、2月と3月は時間的に余裕がなかったので、、。

収録は2月5日(月)でした。雪が降っていました。電車もあちこちで遅れがちでした。そんな中、濡れても焦らないようにウールの着物をチョイスして浜松町の文化放送へ。駅からすぐで助かりました。

20140211rakugodedateNekoobi
志の輔さん→映画「ねことじいちゃん」→猫の温泉の浮世絵半幅帯を選んでみました

「志の輔ラジオ 落語DEデート」は大阪で放送されていないため、2015年に東京に引っ越してきてから知りました。普段なかなか耳にすることのない古い音源が流れるので貴重な番組やなぁと思っていました。

一昔前の「名人」の口演に関心を寄せながらも、毎週出てくるゲストの方々は、本を出版しているとか何らかの芸能事務所に所属しているとか、そういう人しか出演でけへんのやろなぁと気になってはいました。

オリジナルの落語を交えて終活講演している、ぐらいでは無理なんかな、知名度もないしなぁ、でもいつか出演できる日がくるかなぁとか考えていました。

そして、まさか!まさか!です!!文化放送のご担当者さんから突然メールが届き番組出演のオファーをいただきました!

うそぉ~~~~~~~~って感じ(笑)

昨年12月に東京都町田市で市民向けの講演講師をさせていただき、そのことで番組のご担当者さんに知っていただき興味を持っていただいたのだそう。

こんなこともあるんですね。続けてきて良かった!生きてて良かった!(おおげさ)

事前にアンケートに回答してはいましたが、当日は打合せなど何もなく収録ブースに入って志の輔さんにご挨拶するとすぐに収録スタート。志の輔さんはお話を引き出すのが本当に上手なので次から次へとためらいなくお喋り、そしてあっという間に終わっていた!

いちばん心に残っているのは、私が創作落語「天国からの手紙」をこれまで400回口演しているけれどもまったく飽きないしやればやるほど好きになっていくと話すと「素晴らしい」と褒めてくださったことです。

「新作をつくらないの?つくればいいのに」みたいな流れになることが多いんですけれどね、普通は。そうじゃなくて、私の気持ちをわかってくれる人がここにいた!とすごく嬉しかったです。

デートをした落語は桂枝雀さんの「代書」(1981年の音源)でした。よく知ってはいるんですが、一言一言が面白くて聴いてる間ずーっと笑いっぱなしの音源でした。私が行政書士なのでということですよね。ありがとうございます。

志の輔さんといえば、

高座のチケットはなかなかに入手困難で抽選漏れになったことも何度もありました。ようやく入手できたのは2022年4月横浜にぎわい座で「帯久」を口演された会。レアかもしれませんね。

Img_3158 Img_3159

横浜にぎわい座といえば、

横浜市中区高齢・障害支援課主催の「もしものためのエンディングノート中区版」普及を目的とした講義の収録を、2020年10月23日横浜にぎわい座芸能ホールにて無観客で収録という貴重な経験をさせていただいた場所です。(感染症拡大懸念のためDVD教材にして各所で少人数で受講いただけるようにとのことで)

落語の素人が横浜にぎわい座という伝統あるホールで落語をさせていただけたのは「どんな神様の采配なのだろう」と、有難いことです。

Nigiwaiza
横浜にぎわい座での無観客収録の一コマ

30代であの世へ逝った父が落語が好きだったようで、その父の命日と「志の輔ラジオ 落語DEデート」の放送日が重なったことも、何かの計らいなのか、、と思わずにはいられません。

幸せ者に違いないです。これからも創作落語「天国からの手紙」続けていきます。ありがとうございます<(_ _)>

追記:869回目の放送のゲストだったようです。

●創作落語「天国からの手紙」あらすじ(作/生島清身)
息子二人、娘一人が見守る中、病室にて母があの世へ。
母は天国へ行き、天国への案内人と出会い、遺産が不動産中心で相続人が複数いると必ず相続争いがあることを聞く。そして、ペットの世話をお願いしている向かいのヨシ子さんに財産を遺したいときは遺言書が必要なことを教えてもらう。天国への案内人の指導のもと自筆証書遺言を作成し、更に息子・娘への手紙もしたためる。手紙には看取りについての考えを伝えてなかった後悔の念も書き記す。遺言書と手紙を地上に届けてすぐに天国の入口に戻り、息子・娘の様子をあの世から見守る母。最初は言い争いをしていた息子・娘も、母からの手紙を読んで改心。思い残すことはもうないと三途の川を渡ろうとする母。そのとき大事なことを思い出す…。

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行い、近年「人生会議(ACP)」関連の講演依頼も増えてきている。
(過去に朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)講演予定と実績・お問合せ先

 


2024年2月21日 (水)

3月23日(土)愛川町で成年後見制度普及啓発講演会

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

神奈川県愛川町で住民向けに開催される成年後見制度普及啓発講演会でお話の機会をいただきました。

終活テーマのオリジナル落語「天国からの手紙」を交えて楽しくお聴きいただけるようにと思います。成年後見制度についてもわかりやすくお話させていただきます。

地域の皆様、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>

令和5年度 成年後見制度普及啓発講演会
「落語で学ぶ成年後見制度」
日時:令和6年3月23日(土)13:30~15:00
会場:愛川町福祉センター3階会議室(神奈川県愛甲郡愛川町角田257-1)
講師:生島清身(行政書士 ・社会人落語家)
内容:創作落語「天国からの手紙」、成年後見制度について
主催:愛川町社会福祉協議会・愛川町

お申込み・お問合せは愛川町社会福祉協議会までお願いいたします。

240323

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行い、近年「人生会議(ACP)」関連の講演依頼も増えてきている。
(過去に朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)講演予定と実績・お問合せ先

 


2024年2月16日 (金)

3月20日(水・祝)新城市ふくしふれあい広場で落語講演

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

愛知県新城市で開催の「ふくしふれあい広場」のなかで、落語を交えてお話させていただきます。

「落語で笑って学ぼう!終活講座」と題して、

お母さんがあの世に旅立つと天国への案内人に出会って、、という創作落語を交えて楽しくお聴きいただけるようにお話いたします。

当日は10:00~14:30までさまざまなイベントもございます。ぜひぜひ足をお運びくださいませ!

ふくしふれあい広場・講演
「落語で笑って学ぼう!終活講座」
日時:令和6年3月20日(水・祝)13:00~14:00
会場:新城文化会館 301講習室(愛知県新城市字下川1-1)
講師:生島清身(行政書士 ・社会人落語家)
定員:50名(要予約)
内容:創作落語「天国からの手紙」、エンディングノート等について
主催:新城市社会福祉協議会

ご予約は新城市社会福祉協議会までお願いいたします。

240320

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行い、近年「人生会議(ACP)」関連の講演依頼も増えてきている。
(過去に朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)講演予定と実績・お問合せ先


2024年2月15日 (木)

3月13日(水)米沢市で落語を交えた成年後見制度講演会

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

山形県米沢市の置賜成年後見センター主催の講演会で、創作落語「天国からの手紙」を交えて成年後見制度や終活についてお話させていただきます。

難しい言葉は使わず、わかりやすくお話しいたしますので、地域の皆様ぜひぜひご参加くださいませ!

令和5年度置賜成年後見センター研修会
「落語で成年後見を楽しく学ぶ」
日時:令和6年3月13日(水)13:30~15:10
会場:伝国の杜 置賜文化ホール(山形県米沢市丸の内1-2-1)
講師:生島清身(行政書士 ・社会人落語家)
対象:3市5町の住民の皆様
(米沢市・南陽市・長井市・高畠町・川西町・白鷹町・小国町・飯豊町)
内容:創作落語「天国からの手紙」、成年後見制度について
主催:置賜成年後見センター(米沢市社会福祉協議会)

20240313

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行い、近年「人生会議(ACP)」関連の講演依頼も増えてきている。
(過去に朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)講演予定と実績・お問合せ先


2024年2月14日 (水)

3月5日(火)中之条町で落語を交え成年後見制度講演会

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

群馬県の中之条町成年後見支援センター開所記念講演会で、落語を交えてお話させていただきます。

創作落語「天国からの手紙」は、あの世へ旅立ったお母さんが子どもたちに「伝えておけばよかった、、」と後悔するシーンがありますが、

将来もしかしたらうまく伝えられなくなるかも、と考えたとき、いま伝えておくことの大切さ、今できる備えとしてどのようなことがあるか、

そのようなことを感じ、知っていただける講演会です。

さまざまな専門家によるパネルディスカッションもございます。

ぜひぜひご参加くださいませ!

中之条町成年後見支援センター開所記念講演会
「落語で学ぶ笑ンディングノートと成年後見 ~後悔しない人生を送るために~」
日時:令和6年3月5日(火)14:00~16:00
会場:ツインプラザ学習センター交流ホール
 (群馬県吾妻郡中之条町大字伊勢町1005-1)
内容:
 第1部 創作落語「天国からの手紙」生島清身(行政書士 ・社会人落語家)
 第2部 パネルディスカッション「意思決定支援~人生最期の想いをつなぐ~」
対象:中之条町民および権利擁護支援者等
定員:150名(要申込・先着)
主催:中之条町社会福祉協議会
共催:中之条町

申込期限は2/27です。お申込は中之条町社会福祉協議会までお願いいたします。

240305

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行い、近年「人生会議(ACP)」関連の講演依頼も増えてきている。
(過去に朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)講演予定と実績・お問合せ先


より以前の記事一覧