お役立ち情報

2017年10月26日 (木)

相続をテーマの落語は空家予防対策・啓発セミナーにも

空き家や所有者不明の土地がいま問題となっています。

誰にも管理されずに放置されている空き家や土地があると、地域住民にとっては防災、衛生、治安、景観等の面で不安だったり不快な思いをしたり、、。

土地や建物は大切な財産のはず。どうしてこんなことになるのでしょうか。

相続の手続きを怠っているということも問題かと思いますが、次の世代に相続についての考えを伝えていない、話し合いをしていなかったということが大きいように思います。

「相続」は突然にやってきます。想定しておくこと、想いを伝えておくことは大事ですね。

私が行政書士+社会人落語家という立場で創作した相続遺言をテーマの落語「天国からの手紙」は、難しいと思われがちな相続遺言のことをわかりやすく楽しく学んでいただけ、家族や自分自身についていまできることは何だろうと考えていただくきっかけにもなります。

「相続」はどなたにも関係してくることですね。大切な財産が空き家や所有者不明の土地とならないよう、その予防対策・啓発に創作落語「天国からの手紙」がお役に立てばと思います。

女性行政書士による落語を交えた相続セミナー、エンディングノートセミナー、市民向け啓発講演会等、ご予算に応じて全国どこでも行かせていただきますのでお気軽にお問合せ下さい(^o^)

創作落語「天国からの手紙」(作/生島清身・天神亭きよ美)
<所要時間> 25分程度
<あらすじ>
息子二人、娘一人が見守る中、病室にて母があの世へ。
母は天国へ行き、天国への案内人と出会い、遺産が不動産のみで相続人が複数いると必ず相続争いがあることを聞く。そして、ペットの世話をお願いしている向かいのヨシ子さんに財産を遺したいときは遺言書が必要なことを教えてもらう。
天国への案内人の指導のもと自筆証書遺言を作成し、天国への案内人のすすめで同時に息子、娘あての手紙もしたためる。
遺言書と手紙を病室に置いてきて、またすぐに天国の入口に戻り、息子・娘の様子を見守る母。最初は言い争いをしていた息子・娘も、母からの手紙を読んで改心。
相続問題も一段落し三途の川を渡ろうとする母。
そのとき大事なことを思い出す…。

※創作落語「天国からの手紙」は、平成29年9月時点で15,000人の方にお聴きいただき、NHK首都圏ニュースや新聞各紙にも取り上げていただいています。

落語+相続遺言知識セミナー例
(60分~120分でご希望により調整)
・相続、家族をテーマの創作落語「天国からの手紙」
・相続人はだれ?法定相続分について
・遺留分とは?
・自筆証書遺言と公正証書遺言の違い
・想いを遺すツール「エンディングノート」

落語+エンディングノート講演例
(60分~120分でご希望により調整)
・相続、家族をテーマの創作落語「天国からの手紙」
・エンディングノートは遺言書の代わりになる?
・エンディングノートに記しておきたい項目
・遺言書とは別に「想いを遺す」ツールとして
・自分らしくより良く生きるための活用術 など
 (必要に応じ、成年後見制度の説明も可)

Ikushima_d

●講演・セミナーに関するお問合せ先
きよみ行政書士事務所 生島清身(いくしまきよみ)
E-mail:kiyomijimusyo★nifty.com 電話:03-6884-1848
(★を@に変えてメール送信してください)

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。
仕事を休業し治療に励む傍ら、着物好きが高じ繁昌亭落語家入門講座に
通い、その後「天神亭きよ美」という高座名で社会人落語会に参加。
また、不妊治療を通して「いのち」について深く考えはじめる。
行政書士試験合格後、きよみ行政書士事務所を開業。
遺言・相続業務の一環として、カルチャー教室にてエンディングノート講座
講師を務めたのを機に、市民講座や終活セミナー等で、エンディングノートを活用し人生を見つめ直してみることを提案する講演活動を始める。
遺言知識を深める落語「天国からの手紙」を創作し、落語の力を借りて
遺言・相続を前向きに明るく伝えることに挑戦中。

生島清身(天神亭きよ美)の落語講演・セミナー実績

|

2016年9月16日 (金)

朝日新聞「ひと」欄に掲載

平成28年9月9日(金)朝日新聞2面の「ひと」コーナーに記事掲載されました。

この日はSMAPさんのCDデビュー25周年の日、翌日9月10日は広島カープが25年ぶりのリーグ優勝を決めた日という、なんだか思い出に残る日ですね。(余計な情報でした…)

記事タイトルは「創作落語で「終活」を1万人に伝えた行政書士」

160909_

落語を始めたことも、行政書士試験の勉強をしたことも、講演活動をするようになったことも、「絶対にこれやりたい!」って確固たる意志があってのことではないのです。

なんとなくの巡り合わせなんです(^^;)

いまこのようなことができているのが不思議で、人生って何が起こるかわからないから面白いですよね。

普段の講演では、創作落語のあとにエンディングノートや相続遺言のお話をしていますが、人生について語るような機会をいただけたら、この不思議な巡り合わせのことについても喜んでお話させていただきます(^^)

今回、無名の私に時間を割いて丁寧に取材いただき記事にまとめていただきました。関係者の皆様に感謝申し上げます。

●講演に関するお問合せ先
きよみ行政書士事務所 生島清身(いくしまきよみ)
E-mail:kiyomijimusyo★nifty.com 電話:03-6884-1848
(★を@に変えてメール送信してください)

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月から東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。
仕事を休業し治療に励む傍ら、着物好きが高じ繁昌亭落語家入門講座に
通い、その後「天神亭きよ美」という高座名で社会人落語会に参加。
また、不妊治療を通して「いのち」について深く考えはじめる。
行政書士試験合格後、きよみ行政書士事務所を開業。
遺言・相続業務の一環として、カルチャー教室にてエンディングノート講座
講師を務めたのを機に、市民講座や終活セミナー等で、エンディングノート
を活用し人生を見つめ直してみることを提案する講演活動を始める。
遺言知識を深める落語「天国からの手紙」を創作し、落語の力を借りて
遺言・相続を前向きに明るく伝えることに挑戦中。

生島清身(天神亭きよ美)エンディングノート講座講演セミナー予定・実績

|

2015年12月15日 (火)

遺言相続テーマの落語講演がNHK首都圏ネットワークに!

平成27年12月11日(金)夕方のNHK首都圏ネットワークで、

横浜市緑区での遺言相続をテーマの落語講演の様子を取り上げていただきました。(私としては通算120回目の講演でした)

過去の放送内容として、首都圏ネットワークHPで文字と写真でご覧いただけます。

“遺言”の書き方 行政書士が落語で指南
http://www.nhk.or.jp/shutoken/net/report/20151211.html
(※残念ながらH29年1月確認時点でリンク切れとなっております)

暗くなりがちなテーマも、落語だったら笑いを交えて楽しく聴いていただける。また、落語にはメッセージ性もあり、落語って素晴らしい表現方法だと思います。

落語には大道具は必要ありません。扇子と手ぬぐいを持って、どこでも行かせていただきます。

今後も講演活動を通して、

この世に生まれてきた貴重な命を、自分自身しか経験できない人生を、悔いなく自分らしく生ききっていただきたいという私の想いが、ひとりでも多くの方に伝わればうれしいです。

取材いただきましたNHK横浜放送局の皆様、ありがとうございました<(_ _)>

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
大阪市出身、2015年8月から東京都在住
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。
仕事を休業し治療に励む傍ら、着物好きが高じ繁昌亭落語家入門講座に
通い、その後「天神亭きよ美」という高座名で社会人落語会に参加。
また、不妊治療を通して「いのち」について深く考えはじめる。
行政書士試験合格後、きよみ行政書士事務所を開業。
遺言・相続業務の一環として、カルチャー教室にてエンディングノート講座
講師を務めたのを機に、市民講座や終活セミナー等で、エンディングノート
を活用し人生を見つめ直してみることを提案する講演活動を始める。
遺言知識を深める落語「天国からの手紙」を創作し、落語の力を借りて
遺言・相続を前向きに明るく伝えることに挑戦中。

●講演に関するお問合せ先
きよみ行政書士事務所 生島清身(いくしまきよみ)
E-mail:kiyomijimusyo★nifty.com 電話:03-6884-1848
(★を@に変えてメール送信してください)

生島清身(天神亭きよ美)エンディングノート講座講演セミナー予定・実績

|

2014年10月29日 (水)

11月16日(日)NPO法人Fine主催イベントで不妊治療体験談発表します(大阪)

NPO法人Fine主催の下記イベントで、15分程度ですが不妊治療の体験談を発表させていただくことになりました。

講演と体験談発表の第一部はどなたでもご参加いただけます。
不妊当事者以外の方も、不妊の現状や最新医療情報を知ることは男女問わず無駄ではないと思います。ご関心ありましたらぜひご参加ください。

日本で不妊症に悩むカップルは6組に1組といわれています。
「不妊」問題は一部の人だけのものではない、女性だけの問題でもない、社会で正しく理解していただけるように、Fineでは2008年からこのようなイベントを開催し、情報発信や同じ悩みを持つ方たちに交流の場を提供しています。

■Fine祭り2014 全国おしゃべり会special in 大阪 概要■
http://j-fine.jp/matsuri/2014/matsuri.html
日 時: 2014年11月16日(日) 12:30~16:15(12:00受付開始)
会 場: つるやホール 第二ビル 4階会議室
   (大阪市中央区本町3-3-5 最寄駅:本町駅)
内 容:
<第一部:講演・体験談発表>
・醍醐渡辺クリニック 院長 渡辺浩彦先生
 「我が家に子どもがきてほしい
  ~ 不妊治療の受け方、進め方:基本編 ~」
・田村秀子婦人科医院 院長 田村秀子先生
 「知っておきたい生殖補助医療の知識」
・不妊体験者による体験談発表
<第二部>
・おしゃべり会(不妊当事者のみ)
・不妊スペシャリスト相談

参加費: 非会員 1,000円、Fine会員 無料

参加のお申込みは↓こちらのページからお願い致します(^^)
http://j-fine.jp/matsuri/2014/matsuri.html

※このイベントは、札幌(11/9)、名古屋(11/9)、福岡(11/16)、東京(12/7)でも開催されます。講演内容は各地で異なります。

 

|

2014年3月10日 (月)

東北の被災地を1口10,500円のファンドで応援する

東北の被災地を応援する「セキュリテ被災地応援ファンド」をご存じですか?
http://oen.securite.jp/

東日本大震災から3年、さまざまな支援の形があると思います。

私は、やはり地域の産業が元気を取り戻すといいなと思うので、確定申告も終わり、わずかな口数ですが、セキュリテ被災地応援ファンドに出資&寄附しました。

エンディングノート講座講師を始めたのが、東日本大震災の直後でした。

私に講師業が務まるのだろうか、当初そんな不安もありましたが、講師料をいただくことで少しでも被災地に寄附できたらという想いが、その後の私の力となりました。

テレビで流れる当時の映像はあまりみる気になれずチャンネルを変えてしまいますが、いつも心のどこかで、講師業を始めたときの気持ちを忘れずにいようと思っています。

|

2012年10月 9日 (火)

10月は各地で行政書士による無料相談会(大阪)

10月は大阪府行政書士会の各支部による地域密着型の無料相談会が行われています。

行政書士の業務範囲は広いので、相続に関すること、法人設立や営業に関するさまざまな許認可、外国人のビザのことなど、幅広くご相談いただけます。

開催日時・場所は「2012年10月の無料相談会スケジュール」でご確認ください。

私が所属する西成支部の無料相談会は10月13日(土)と27日(土)です。

大阪府行政書士会 西成支部 無料相談会(予約不要)

<西成区>
・日時:平成24年10月13日(土) 受付:13:00~16:00
・場所:弘治老人憩いの家(大阪市西成区鶴見橋1-5-9)

<住之江区>
・日時:平成24年10月27日(土) 受付:12:00~15:00
     ※11:00~12:00 落語会あり
      (私も創作落語「
天国からの手紙」やります!)

・場所:大阪南港ポートタウン管理センター 第3集会室
    (大阪市住之江区南港中2-1-99)

両日とも予約不要ですので、日頃気になることがおありでしたら、お出かけついでにでもお気軽にお立ち寄りください(^^)

|

2012年8月22日 (水)

士業も無関心ではいられない、不妊治療の現状を知る良い機会が9月1日、2日に

「不妊」はもう一部の人だけの問題ではありません。いまや7組に1組のカップルが不妊に悩んでいる計算になるそうです。

晩婚化がすすみ出産年齢も上がってきて、いざ子どもが欲しいと思ったときには出産適齢期を過ぎていた、現代社会では仕方のないことかもしれません。

社会のニーズから育児休暇、介護休暇が設けられたように、今後は少子化対策として不妊治療休暇も設けられるべきと、私は考えています。

企業の就業規則を作成する社労士や行政書士の皆さん、あと10年もしたら「不妊治療休暇」は当たり前のことになっているはず。いまから不妊治療の現状について知識を蓄えておかれませんか?

国内外の不妊治療体験者の話が聴ける国際会議が9月1日、2日に京都・大阪で開催されます。参加無料、どなたでもご参加いただけます。(開催概要は下記)

また、生殖医療技術はどんどん進んでいて、体外受精はもう珍しいことではなく、代理母、卵子提供も海外であれば選択できるようになってきました。

生殖医療技術が進むなか、法整備は追いついていないと言われています。

日本国内でも精子提供は行われています。精子提供を受けて生まれた赤ちゃんは嫡出子として夫婦の戸籍に入るのでしょうか。

明らかに第三者の精子提供で生まれた子とわかれば、嫡出子として認めてもらえません。しかし、役所に届出るときにわざわざ「精子提供を受けました」とは言いませんから、普通に夫婦の子として戸籍に入ります。

では、卵子提供を受けて生まれた子はどうでしょうか。明らかに第三者の卵子提供があったとわかっていても、その女性が確かに出産したという事実で嫡出子と認められます。野田聖子議員の場合がそうですね。

では、代理母の場合は?

戸籍に関わることでは、多くの士業の皆さんも無関心ではいられないはず。今回の国際会議では戸籍の問題は取り上げられないかと思いますが、まずは不妊治療の現状を知っておくという意味で聴講されて損はないと思います。このような機会はめったとないので、お時間があればぜひご参加ください。

私は不妊治療経験者として、この国際会議のボランティアスタッフをしています。開催概要は以下の通りです。多くの方とともに、不妊治療を考える日になればいいなと思っております<(_ _)>

(転載大歓迎です!ぜひ周囲の皆さまにお知らせください)
--------
iCSi国際会議
http://j-fine.jp/matsuri/2012/matsuri.html#label-2
日時:2012年9月1日(土)13:00~17:00(予定)
会場:立命館大学 衣笠キャンパス:創思館 カンファレンスルーム
   (京都市北区等持院北町56-1  衣笠キャンパス)
内容:シンポジウム
(講演は逐次通訳が入りますので日本語で聴いていただけます)
定員:130名(予約優先:定員になり次第締切)
参加費:無料
主催:iCSi/NPO法人Fine(Fine祭り実行委員会)
協力:立命館大学 人間科学研究所/フィンレージの会

◎プログラム内容は…、

・不妊治療は何歳まで?/京野 廣一(京野ARTクリニック理事長)
・不妊の人のためのホリスティックケア/デビー・パノウィッツ(文筆業 キネシオロジスト 栄養士)
・国境を越えた不妊治療 ヨーロッパの場合/ペトラ・ソーン(博士・ドイツ不妊カウンセリング学会理事)
・国境を越えた不妊治療 アジアの場合/松尾 瑞穂(新潟国際情報大学 講師)
・卵子提供による出産~アルゼンチンの一家族の経験から~/エステラ・シャルドン(心理士 ブエノスアイレス大学心理学部教授 コンセビール理事)

ASPIRE iCSiセッション(国内外の不妊体験者たちによる発表)
http://j-fine.jp/matsuri/2012/matsuri.html#label-4
日時:2012年9月2日(日)15:00~16:30(予定)
会場:大阪国際会議場(グランキューブ大阪)   
   (大阪市北区中之島5-3-51)
内容:シンポジウム
(講演は同時通訳が入りますので日本語で聴いていただけます)
 *通訳機器代金1,000円・予約が必要
定員:350名(予約優先:定員になり次第締切)
参加費:入場は無料
(*通訳機器が必要な人は有料・必ず予約が必要 1台1,000円)
主催:ASPIRE/iCSi
共催:NPO法人Fine(Fine祭り実行委員会)
協力:フィンレージの会

◎プログラム内容は…、

・ART施設の質向上のための患者としての取り組み~JISART施設審査における患者審査委員の経験をふまえて~/松本 亜樹子(iCSiコミュニティ運営委員/NPO法人Fine理事長)
・代理出産:日本のケースから/仙波 由加里(桜美林大学・スタンフォード大学客員研究員/フィンレージの会スタッフ)
・代理出産:オーストラリアのケースから/サンドラ・ディル(iCSiコミュニティ理事長/アクセス・オーストラリアCEO)
・カウンセリング:患者を中心においたケアという考え方/ペトラ・ソーン(博士 ドイツ不妊カウンセリング学会理事)
--------

|

2012年2月 3日 (金)

「セキュリテ被災地応援ファンド」で東北を応援する

 東北の被災地を応援する「セキュリテ被災地応援ファンド」をご存じですか?
http://oen.securite.jp/

 昨年5月にこのブログでも記事を書きましたが、いまも、東北の水産加工業、日本酒の蔵元、醤油や和菓子づくりの事業者さんが出資者、応援者を募集しています。

 昨年のエンディングノート講座講師料の一部を、ファンドに出資&寄附させていただきました。

 そして、昨年暮れには「元気だ状プロジェクト」にも少しだけ応援金として協力させていただきました。
http://www.genkidajo.com/

 「元気だ状」とは、被災地の方々が、感謝の気持ちや元気であることの近況報告を、お世話になった人や親戚、友人に発信しやすいようデザインされたハガキです。被災地からお礼を伝えたいと考える方々と、関西から被災地のために何かできないかというメンバーで 集まった際に様々な意見交換をしている中、気軽に利用できる「元気だ状」のアイデアが生まれたそうです。プロジェクトの収益は、被災された方への「元気だ状」無料配布に使われます。

 4月には、またラジオ大阪カルチャーサロンでエンディングノート講座を担当します。講師料の一部を(わずかですけれど)被災地への支援金に充てたいと思いますので、一人でも多くの方にご参加いただけたらうれしいです。

 エンディングノート講座を担当していて、受講者は私よりも年配の方が多くて、人生経験の少ない私の話は、もしかしたら物足りないかもしれない、と心折れることがあります(^^;)

 でも続けていこうと思うのは、エンディングノートを通して「死」を考えたときに、いま生きているこの瞬間を大事にしてほしいと伝えたい、そして、講師料をいただいたら被災地に寄付できる、この2つがモチベーションになっています。

 エンディングノート講座の日程は現時点で下記を予定しています。

 4月 6日(金)13:30~
 4月27日(金)19:00~

 ご関心あれば、お気軽にお問合せください(^^)

●講座・講演に関するお問合せ先
きよみ行政書士事務所 生島清身(いくしまきよみ)
E-mail:kiyomijimusyo★nifty.com
(★を@に変えてメール送信いただくか、こちらをクリックしてください)
お電話でのお問い合わせはこちらをご覧ください。

|

2011年10月12日 (水)

行政書士による無料相談会(落語会もあります)

 10月、11月は行政書士による無料相談会が多数開催されます。

 行政書士にご相談いただける内容は、相続、遺言、成年後見、会社設立、各種営業許可など多岐にわたります。

 私の所属する大阪会西成支部の無料相談会日程は次の通りです。

 住之江区では行政書士とその他社会人による落語会もあります。私も落語をさせていただく予定です(^^) ご予約も何もいりませんのでお近くの方はお気軽にお立ち寄りくださいませ。

<西成支部の無料相談会日程>

●西成区 弘治老人憩いの家
10月22日(土)13:00~16:30

●住吉区 メルシー粉浜(粉浜商店街)
10月29日(土) →10月30日(日)に変更

●住之江区 大阪南港ポートタウン管理センター 第3集会室
(最寄駅:ニュートラム ポートタウン東駅)
11月12日(土)12:00~15:00
※午前11時から1時間、落語会を開催いたします。

 その他の大阪府下での無料相談会日程は、大阪府行政書士会のHPでご確認いただけます↓
http://www.osaka-gyoseishoshi.or.jp/pub/index.fcgi?mode=sodankai

 お出かけついでに、お気軽にお立ち寄りくださいね(^^)

|

2011年8月19日 (金)

中国人観光客に中国語「おみくじ」を楽しんでもらう

東日本大震災のあと外国人観光客が減少しましたが、中国人の個人観光ビザがこの9月から要件がさらに緩和されますので、また中国人観光客が増えてくるのではないでしょうか。経済活性化のためには期待したいところですね。

(関連記事→http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=49942

さて、買い物…もいいですが、日本の文化を体験してもらう企画もあったら楽しそうです。

Photo
大阪の住吉大社では、なんと、英語・中国語のおみくじがあるんですよ。ご存じですか?

これが中国語版です。この翻訳をしているのが大阪のベンチャー企業で観光翻訳を手掛ける、株式会社シープロジェクトさんです。

大阪では、いまのところ住吉大社にしか置かれていないそうですよ。他の神社も置くならいまがチャンスかも!外国語おみくじがあることで、外国人観光客の誘致の強みになりそうですね。

お買い物の合間に、手水舎で手を洗い二拝二拍手一拝する。そして、母国語で書かれたおみくじを引いてもらって、ちょっとした日本文化の体験をしてもらうというのも、外国人観光客には楽しい思い出になると思います。

外国語おみくじの需要は、今後ますます増えていくのでしょうね。

|