« エンディングノート普及啓発のための権利擁護講演会 | トップページ | 家の光大会で落語とエンディングノートのリモート講演 »

2021年12月10日 (金)

法人会主催の落語を交えた相続対策セミナー

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

令和3年12月3日(金)公益社団法人大牟田法人会主催の相続対策セミナーで、落語を交えてお話させていただきました。

法人会主催ということで男性のご参加者が多いのではと予想していたのですが、会員以外もご参加可能な一般公開セミナーとなっていて、以外にも女性の比率が多く嬉しい驚きでした。

落語があることで一般の方のご参加が増えたのでしたらとても嬉しいです!

というのは、過去に何度か経営者向けの相続セミナーに呼んでいただいておりますが、スーツ姿の男性が多い会場では「勉強しに来た!」という空気感が漂っていて落語もまったく笑っていただけずに終了~となってしまいがちで、、(^^;)

しかし今回は一般の方が多くご参加いただき女性の方の笑い声に助けられ、楽しく落語を口演することができました。

自作の落語「天国からの手紙」は、お母さんが子ども達に看取られ天国へ、天国の入口の手前で「遺言書を書いてなかった!」ということで急いで遺言書を書き、お手紙もそえて地上に届けるというファンタジーな内容です。

落語のあとは、
・自筆証書遺言と公正証書遺言の作成ポイント
・自筆証書遺言保管制度のミニ解説
・遺留分について
・法定相続情報証明制度のミニ解説
・成年後見制度について
・エンディングノートの活用術
と、盛りだくさんのテーマながら、ポイントを絞ってお話しました。

テーマが変わるところでご質問タイムを設けて、ご質問にお答えしながら進めていきました。相続や成年後見制度の利用などはケースバイケースのことが多く、細かなご質問にはうまく答えられなかったなと反省点もあったりいたします(^^;)

そんなときに頼りになるのが各地で行われている行政書士による無料相談会です。大牟田市では福岡県行政書士会大牟田支部所属の行政書士による無料相談会が定期的に行われているので、最後にそのご紹介をいたしました。

個別の内容はこのような相談会をうまくご活用いただいて疑問点を解決していただけたらと思います。

セミナー会場は「菓舗だいふく」さんの5階(会議や宴会ができる会場)で、休憩時にはケーキ・コーヒーが提供されご参加者様に一息ついていただく趣向となっていました!

講師依頼について主催者様より最初にお問合せいただいたのは、昨年12月でちょうど1年前のことでした。感染者数の状況により実現できないかもしれない、、そんな中でこうして実現し東京から伺えたこと本当に有難く思います。

関係者の皆様、大変お世話になりありがとうございました<(_ _)>

Img_2852

211203_20211210121401

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行う。(朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)エンディングノート終活関連 落語講演予定・実績


« エンディングノート普及啓発のための権利擁護講演会 | トップページ | 家の光大会で落語とエンディングノートのリモート講演 »

落語講演・エンディングノートセミナー講師」カテゴリの記事