« 家の光大会で落語とエンディングノートのリモート講演 | トップページ | 2月18日(金)富士宮市「落語で終活・成年後見制度」 »

2021年12月27日 (月)

2021年Zoom講演も経験!落語ありの終活講演総括

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

2021年の年の瀬になっても「コロナ禍」と言われる中で生活しているとは、、昨年末には思いませんでした(^^;)(希望的観測というのでしょうか、、)

しかしながら、「コロナ禍」であっても今年は落語を交えた講演を20回させていただくことができました。それでも例年の半分ぐらいなのですが、昨年(2020年)の講演回数は12回でしたので有難いことです(^人^)

今年は一般的な講演形式に加えてリモート講演という貴重な経験も!私のような無名な者が画面越しにお話をして多くの方に視聴いただけるなんて、「コロナ禍」でなければあり得なかったことと思います(^^;)

リモート講演は目の前に聴いてくださる方がいないせいか手応えが全く感じられず、終わった瞬間にこれまでにない疲労感がありましたけれど、、(苦笑)

疲労感といえば、

私の講演は落語を交えてさせていただくのですが、会場となる施設によっては講師もマスク着用というルールの場合もあって、「落語をするから」という理由で免除は難しく、

「マスクをしての落語」を4回経験しました。ルールであれば仕方ないことです。

・マスクありでも目の前に聴いてくださる受講者さんがいらっしゃる!
・プロの落語家さんが経験できないことを経験できた!
・この経験は数年後の笑い話に絶対なる!

と、今しかないこの状況を楽しむ気持ちでいつも以上に声張って、表情が届かなくても、声がこもっても、息苦しくなっても、とにかく創作落語「天国からの手紙」を聴いていただきたい一心で頑張りました。

●2021年に機会をいただいた20講演のテーマ内訳は、
 エンディングノート・終活 15回
 人生会議・在宅医療 2回
 成年後見制度 2回
 遺言・相続 1回

今年も自治体や社会福祉協議会主催の住民向け講演会の講師依頼が多かったのですが、今年の特徴としては、

「(外出自粛ムードで)控えめにしか告知できなかったのに受講者募集を開始してすぐ満席となりました!」と嬉しいご報告をいただくことが多かったです。(お出かけしづらい雰囲気がある中、涙ちょちょぎれます)

人数制限をしているという要因はあるでしょうが、この2年「死」についてあらためて考えた方が多かったのかも、だからこそ「終活」「エンディングノート」への関心がますます高まっているのかもしれません。

人生には必ず期限があることを意識され、人生のゴールまで悔いなく生きるには?と考える方が増えたのだったら、この2年の困難が生み出したプラスの面かもしれません。

そして、収容人数の半分やそれ以下に来場人数を制限することになるので、講演を撮影して参加できなかった方が期間限定で視聴できるようにしたいとのご提案を複数いただきました。そのように仰っていただけること本当に嬉しく思いました。

コロナ禍ということで、移動距離が少ない関東圏内での講演会が多かったのですが、北海道、福岡県、三重県、愛知県にも行かせていただきました。

仕事とは関係ありませんが、成分献血にはこの1年で8回行きました。(昨年の7回を上回ってしまいました)

このところずっと献血する人が減って困っているそうですね。年齢的にあと何年ぐらいお役に立てるかなと考えながら、血液検査結果もいただけ健康管理にもなりますし来年も時間をみつけて成分献血に行こうと思います。

こんな私ですが、落語を交えた終活講演が少しでもお役に立つのでしたら、気軽にお声掛けいただければと思います。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます<(_ _)>

211201suzuka2_20211227104001
(令和3年12月鈴鹿市権利擁護講演会風景、定員は収容人数1/2以下で設定)

●創作落語「天国からの手紙」(作/生島清身・所要時間25分程度)
<あらすじ>
息子二人、娘一人が見守る中、病室にて母があの世へ。
母は天国へ行き、天国への案内人と出会い、遺産が不動産中心で相続人が複数いると必ず相続争いがあることを聞く。そして、ペットの世話をお願いしている向かいのヨシ子さんに財産を遺したいときは遺言書が必要なことを教えてもらう。天国への案内人の指導のもと自筆証書遺言を作成し、更に息子・娘への手紙もしたためる。手紙には看取りについての考えを伝えてなかった後悔の念も書き記す。遺言書と手紙を地上に届けてすぐに天国の入口に戻り、息子・娘の様子をあの世から見守る母。最初は言い争いをしていた息子・娘も、母からの手紙を読んで改心。思い残すことはもうないと三途の川を渡ろうとする母。そのとき大事なことを思い出す…。

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行う。(朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)エンディングノート終活関連 落語講演予定・実績


« 家の光大会で落語とエンディングノートのリモート講演 | トップページ | 2月18日(金)富士宮市「落語で終活・成年後見制度」 »

落語講演・エンディングノートセミナー講師」カテゴリの記事