« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021年10月28日 (木)

エンディングノート講座で図書館の終活関連本を展示貸出

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

令和3年10月27日(水)横浜市保土ケ谷区役所 高齢・障害支援課主催のエンディングノート講座で落語を交えてお話させていただきました。

落語高座の前面に感染症対策のためビニールシートを設えていただき、まずは行政書士の知識を生かして創作した相続・遺言がテーマの落語「天国からの手紙」をお聴きいただきました。

会場の保土ケ谷公会堂1号会議室に集われた皆様は、素人落語にもかかわらず笑いどころでしっかり笑ってくださいました。ありがとうございます!

落語のあとは、受講者の皆様と保土ケ谷区版エンディングノート「わたしのこれまで、そしてこれから」のページをめくりながら、

エンディングノートは死ぬ準備ではなく、自分自身とあらためて向き合いこれからの人生をどう生きようかと「生きる」ことを考える作業であること、

人生のゴールまで悔いなく自分らしく生きるために書き、そうして書いておくことで将来ご家族や周囲の助けとなるノートになること、

終末期医療、遺言・相続、葬儀・お墓のことなど現実問題にも触れながらも、せっかく授かったこの人生を自分らしく悔いなく生きてほしいという思いをこめてお話しました。

この講座では、保土ケ谷図書館のご協力で終活関連本を講座会場に展示いただき、その場で貸し出しもできるようにしていただきました。

私のおすすめ本も並べていただきましたがクセのある本が多かったかも(^^;)

私はどこの会場でも受講者の皆様に図書館利用をおすすめしています。

それは、人生のさまざまな場面で選択肢が増えてきた現代を自分らしく生きるには、自分に合ったものを「選ぶ」ことが大事で、「選ぶ」にはどんな選択肢があるのか知らなければ選べません。

選択肢を知るために知識を得るために、いろいろな本を読んでいただきたいなと思うからです。図書館を利用すればお小遣いの多少に関係なく、誰でも読みたい本が読めて知識を得ることができますね(^^)

特に今回の講座場所である横浜市の図書館の蔵書数は400万冊以上で、この数の本を所有する自治体の図書館は横浜市と大阪市だけというすごい環境なので、横浜市に来ると図書館の話に自然と力が入ります!!(笑)

400万冊とはいかなくても、どこの自治体の図書館もたくさんのあらゆる本がありますので、この社会資源を有効活用しないともったいないですね。

因みに、私は大阪市民のときも東京在住の今も図書館をよく利用していて、私の知識の7割ぐらいは図書館の本で形作られているといってもいいくらい図書館にはお世話になっています。

そんな図書館のヘビーユーザーとして、今回の講座の企画は大変嬉しいものでした。またこのような機会があるといいなと思います。

主催者の保土ケ谷区役所 高齢・障害支援課の皆様、ご協力いただいた保土ケ谷図書館と区内地域ケアプラザの皆様、そしてご来場いただいた皆様、ありがとうございました<(_ _)>

Img_2779

Img_2776

Img_2773

Img_2772

Img_2774

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行う。(朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)エンディングノート終活関連 落語講演予定・実績


2021年10月25日 (月)

12月1日(水)落語で笑って学ぶ鈴鹿市権利擁護講演会

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

三重県鈴鹿市でお話の機会をいただきました。

落語を交えて楽しくお聴きいただけるよう頑張りますので、お近くの皆様よろしくお願いいたします。

鈴鹿市権利擁護講演会
「落語で笑って学ぼう!人生笑顔で!笑ンディングノート」
・日時:2021年12月1日(水)13:30~15:00
・会場:鈴鹿市ふれあいセンター ふれあいホール
   (鈴鹿市南玉垣町6660)
・講師:生島清身(行政書士/社会人落語家:天神亭きよ美)
・定員:100名(事前申込制)
・申込・問合せ:鈴鹿市社会福祉協議会

権利擁護講演会

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行う。(朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)エンディングノート終活関連 落語講演予定・実績


2021年10月21日 (木)

11月20日(土)横浜市栄区で落語を交えた終活講座

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

横浜市栄区の豊田地区センターで、

「落語で笑って学ぶ!人生笑顔で!あなたのこれから・終活講座」

と題してお話させていただきます。

参加者全員にSAKAEシニアライフノート(栄区版エンディングノート)のプレゼントがあります。お近くの皆様どうぞよろしくお願いいたします(^^)

SAKAEシニアライフノート講演会
「落語で笑って学ぶ!人生笑顔で!あなたのこれから・終活講座」
・日時:2021年11月20日(土)14:00~16:00
・会場:豊田地区センター2階 中小会議室
   (横浜市栄区飯島町1368-1)
・講師:生島清身(行政書士/社会人落語家:天神亭きよ美)
・定員:40名(事前申込制)
・主催:栄区役所 高齢・障害支援課、豊田地区センター、豊田地域ケアプラザ、笠間地域ケアプラザ

お申込方法は下のチラシでご確認ください。

211120

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行う。(朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)エンディングノート終活関連 落語講演予定・実績

 


2021年10月16日 (土)

11月17日(水)新潟県胎内市 落語で終活人権講演会

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

新潟県胎内市の人権講演会でお話の機会をいただきました。

落語で“終活”~人生笑顔で、エンディングノート~

“終活”というテーマも落語を交えて楽しくお聴きいただけるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします!

令和3年度 胎内市人権講演会(法務省委託事業)
「落語で“終活”~人生笑顔で、エンディングノート~」
・日時:2021年11月17日(水)14:00~15:30
・会場:胎内市産業文化会館 2階会議室
   (新潟県胎内市新和町2-5)
・講師:生島清身(行政書士/社会人落語家:天神亭きよ美)
・対象:どなたでも
・主催:胎内市

211117

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行う。(朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)エンディングノート終活関連 落語講演予定・実績


コロナ禍でも落語で笑って学ぼうエンディングノート!

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

令和3年10月12日(火)横浜市南区主催「みなみの終活入門塾」で落語を交えてお話させていただきました。

題して「落語で笑って学ぼう!人生笑顔で!笑ンディングノート」

会場の吉野町市民プラザホールは収容人数200名ですが、感染症拡大防止の観点から50%の100名定員とし、9/13から参加申込の受付を開始したところ半月ほどで予約満席となったとのことでした。

「終活」「エンディングノート」はそれだけ関心の高いテーマなんですね!

まずは、相続・遺言などをテーマの自作の落語「天国からの手紙」をお聴きいただきました。マスク越しではありますが要所要所で笑っていただき、私も楽しく演じることができました。

落語「天国からの手紙」に遺言書の書き方が少し出てくるので、遺言書の耳寄り情報として法務局が遺言書を預かってくれる「自筆証書遺言書保管制度」を簡単にご紹介いたしました。

そして、遺言書も大切だけれどもそれ以上に想いを伝えることが大切、そのために役立つのがエンディングノートであり、思いを伝えるだけではなく「自分らしく生きるために役立つのです」とエンディングノートの解説に移ります。

横浜市南区では住民向けに「わたしの希望 南区版エンディングノート」を作成されていて、ご来場者様とともにそのページをめくりながら話をすすめていきました。

エンディングノートにはプロフィールや自分史を書く項目があります。人生を振り返って過去の出来事を書くとともに、今の自分から過去の自分に言ってあげたいことも書いていただいたらと提案しました。

例えば、30代の頃とても苦労したのであれば、その30代の自分に「よく頑張ったね、その頑張りがあったから今の自分がいます、ありがとう」というように。

「もし介護が必要になったとき」の項目では「認知症」のお話もしました。認知症研究の第一人者である、長谷川式スケールを考案された長谷川和夫先生が認知症の症状が出ていることを公表されたことに触れ、

長生きすれば誰がなってもおかしくない、もし自分がそうなったとき素直に周囲に話せる雰囲気が世の中にあれば一人で不安になることもなくなるのではないか、そういう世の中にしていくのは私たちかもしれませんという言葉に頷きながらお聴きいただく方もいてとても嬉しかったです。

「医療・さいごの時について」の項目では、延命治療・終末期医療に関してどんな選択肢があるのか知らなければ選べない、ぜひ図書館を利用して関連の本を読んで知識を得てくださいと、いつものように図書館利用をおすすめしました。

特に横浜市立図書館は蔵書数400万冊以上ある自治体運営ではトップクラスの図書館なので、その社会資源を有効活用してください!と図書館好きの私としては力を込めてお話しました!

吉野町市民プラザホールの舞台設備は大変素晴らしく、プロの落語家さんがされるのと恐らく同じ設備で落語口演できたこと、本当に有難く思いました。

この講演会は当初、令和2年7月の開催予定が同年12月に延期となり、それが中止となり、そしてこの度の開催となりました。

令和3年9月30日に緊急事態宣言が全面解除されましたが、もし延長となっていたら無観客で動画撮影という案もでていて、南区の職員の皆様も「開催できて本当に良かった」と仰っていて、それだけ想いのこもった講演会に携われたんだとしみじみ感じました。

人が集うということが当たり前にできなくなった中で、それでもこうしてたくさんの人の前でお話できる機会をいただき、関係者の皆様、ご来場いただいた皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました<(_ _)>

Img_2752

211012_20211016135201

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行う。(朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)エンディングノート終活関連 落語講演予定・実績


2021年10月 6日 (水)

10月27日(水)横浜市保土ケ谷区版エンディングノート講座

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

横浜市保土ケ谷区にて「限りある人生について一緒に考えてみませんか」ということで、エンディングノート講座をさせていただきます。

当日は保土ケ谷図書館協力による終活関連本の展示および貸出もされるとのことで、私のチョイスした本も並ぶと思います。図書館ファンとして私もとても楽しみです(^^)

保土ケ谷区の皆様、どうぞよろしくお願いいたします!

横浜市保土ケ谷区版エンディングノート講座
「落語で笑って学ぼう!人生笑顔で!笑ンディングノート」
・日時:2021年10月27日(水)10:00~11:40
・会場:保土ケ谷公会堂 1号会議室
   (横浜市保土ケ谷区星川1丁目2−1)
・講師:生島清身(行政書士/社会人落語家:天神亭きよ美)
・定員:40名(要申込)
・主催:横浜市保土ケ谷区役所 高齢・障害支援課
・協力:区内地域ケアプラザ、保土ケ谷図書館

※お申込みは電話またはFAXにて。下記チラシをご参照ください。

211027

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行う。(朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)エンディングノート終活関連 落語講演予定・実績


« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »