« <中止>3月14日(土)阿蘇中部 医療と介護の住民講演会 | トップページ | あらためて自己紹介 »

2020年3月 6日 (金)

横浜市青葉区おくやみハンドブック遺族の手続き案内

行政書士:生島清身のページをご覧いただきありがとうございます。

ご家族が亡くなるとさまざまな手続きが必要となりますが、人生で何度も経験することではありませんから、何から、、どうすれば、、となりますね。

ですから、できるだけわかりやすくと住民サービスを拡充する自治体が増えてきています。

例えば、横浜市青葉区はご遺族のための手続き案内として「おくやみハンドブック」を作成し、HPからダウンロードもできるようにしています。

青葉区 ご不幸ページ

死亡後の必要な手続きがわかりやすくまとまっているので、青葉区の住民向けですが、どの地域の方にも参考となる内容です。

近い将来、死亡届を出すことで自動的に必要な手続きが済むような仕組みができたらいいですね。

後日手続き済みのデータを家族がチェックして、おかしな点があれば役所や関係機関に問い合わせる、ぐらいの感じになれば、悲しみのなかで時間に追われながら右往左往しなくて済みますね。

私たち専門家の仕事は確実に減るでしょうが(^^;)、世の中のためにはそうなればいいなと思う次第です。

Okuyami

<生島清身(天神亭きよ美)のプロフィールです>
行政書士・社会人落語家
大阪市出身、2015年8月より東京都在住。
秘書業務、インターネット関連業務を経験後、41歳で不妊治療をスタート。仕事を休業し治療に励む傍ら着物好きが高じNHK朝ドラ「ちりとてちん」の影響もあり本格的に上方落語を勉強。繁昌亭落語家入門講座修了時に高座名「天神亭きよ美」を授かる。その後、行政書士試験に合格し行政書士事務所を開業。不妊治療を通して生命誕生の神秘に気づき、相続業務を通して本当に大事な物は何かについて考えたことを形にするべく遺言をテーマに家族や人生について考える落語「天国からの手紙」を創作。2011年より落語を交えた笑って学べる終活関連講演を各地で行う。(朝日・読売・毎日・産経各紙面、NHKニュースで取り上げられる)

生島清身(天神亭きよ美)エンディングノート終活関連 落語講演予定・実績


« <中止>3月14日(土)阿蘇中部 医療と介護の住民講演会 | トップページ | あらためて自己紹介 »

お役立ち情報」カテゴリの記事